症状
7 view

月経前の体調不良は月経前症候群です!原因や治療方法について

月経前の体調不良は月経前症候群です!原因や治療方法について

月経前になると以下の不調があらわれることはありませんか?

  • イライラしてしまう
  • 胸が張ってチクチク痛む
  • 食欲旺盛になって体重が増加する
  • 便秘や下痢になる

このような身体的・精神的不調が、月経前に3~10日間ほど続く症状を総称して月経前症候群(PMS)と呼びます。

月経が始まると同時に症状が落ち着くのが特徴です。

月経のある女性の7~8割が月経前に何らかの症状を経験していると言われていて、排卵のある女性ならば誰にでも起こる可能性があります。

人によって症状は様々ですが、中には生活に支障をきたすほど強い症状があらわれる場合もあるようです。

今回は月経前症候群について、分かりやすく説明します。

月経前症候群の原因について

月経前症候群(以下PMSと記載)が起こる明確な原因は、まだ解明されていないようですが、原因の1つとして、女性ホルモンの変動が関わっていると考えられています。

排卵から月経が起こるまでの黄体期に、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されます。

黄体期後半、これらの女性ホルモンが急激に減少する為、神経伝達物質や脳内のホルモンに異常をきたすことで、様々な症状が引き起こされます。

また、ストレスも原因の1つとしてあげられています。

ストレスが加わることによって女性ホルモンの分泌が乱れ、自律神経の働きに影響が与えられます。

これによって心身共に様々な症状が引き起こされると考えられています。

主な症状

身体的な症状 頭痛、腹痛、腰痛、肩こり、便秘、下痢、肌あれ、手足のむくみ、乳房の張りや痛み、お腹の張り
精神神経症状 イライラ、不安、抑うつ、睡眠障害、眠気、集中力の低下
自律神経症状 倦怠感、のぼせ、食欲不振、過食、めまい

月経が始まる3~10日ほど前に症状があらわれて、月経と同時に症状が緩和していく場合がほとんどです。

特に精神的な症状が強い場合は、月経前不快気分障害(PMDD)の可能性もあります。

耐えられない痛みなどが続くようであれば、我慢せずに婦人科検診をしましょう。

月経前症候群を病院で治療する

月経前症候群を病院で治療する
月経前に気になる症状がある場合は、思わぬ病気が隠れている可能性も考えられる為、基本的には婦人科などの病院で診断を受けることをおすすめします。

PMSの明確な原因は解明されていない為、根本的な治療法は確立されていないようで、病院で治療を受ける場合は対症療法が行われています。

主に、低用量ピルなどを処方する「ホルモン療法」が行われていて、女性ホルモンの分泌を一定にコントロールすることで症状を緩和させます。

また、精神的な症状を緩和させる為に、抗不安薬などの精神安定剤が処方される場合もあります。

その他にも腹痛や腰痛などの痛みに対して鎮痛剤、むくみなどの症状に対して利尿剤といった、PMSの症状に合わせて適切な薬や漢方を処方してもらうことができます。

月経前症候群を自宅で治療する

月経前症候群を自宅で治療する
PMSの診断を受けて自宅で治療をする場合、まずはPMSの記録をつけて自分の症状を理解し、月経周期を把握しましょう。

その中で趣味を楽しんだり、半身浴やアロマテラピーなどで身体を休めたり、気分転換やリラックスできる時間を見つけることをおすすめします。

また、日々の生活習慣に気をつけることでPMSの症状を緩和することができるとされています。

症状を悪化させる可能性がある、カフェインや塩分が多く含んだ飲み物や食べ物、アルコールの摂取、喫煙はなるべく控えるようにしましょう。

更に、カルシウムやマグネシウム、ビタミンB6を積極的に摂取することで、症状を緩和することが期待できます。

また、ストレス発散につながる適度な運動を行いましょう。

運動方法として、ウォーキングやエアロビクスなどの有酸素運動も効果があると言われています。

漢方薬

各々の体質や症状に合わせて漢方薬を服用すると、PMSの症状改善が期待できると言われています。病院だけではなく、ドラックストアや通販でも購入できるのがメリットです。

漢方薬名 効果
桂枝茯苓丸(けいぶくりょうがん) 月経不順、月経異常、月経痛など
五苓散(ごれいさん) むくみ、二日酔、水様性下痢、暑気あたり、頭痛など
加味逍遙散(かみしょうようさん) 肩こり、精神的な症状、冷え性など
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) 精神不安による胃痛、動悸、めまい、吐き気など
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 貧血、倦怠感、動悸、足腰の冷えなど
桃核承気湯(とうかくじょうきとう) 精神的な症状、腰痛、のぼせ、便秘など

低用量ピル

低用量ピルは、PMSの治療手段として選ばれることが多く、継続的に服用することで症状を緩和させることが期待できると言われています。

低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていて、毎日服用することで排卵を抑制して女性ホルモンの量を一定にします。

PMSは、排卵が起こって女性ホルモンが大きく変動することが原因なのではないかと考えられているので、女性ホルモンの変動をなくすことで症状を和らげることができます。

また、副作用が起こりにくいとされていて、身体に負担がかかる心配が少ないのがメリットです。

服用をやめるとすぐに排卵が再開するので、その後の妊娠にも特に影響はありません。

低用量ピルは、個人輸入代行通販サイトで購入することが可能です。

低用量ピルの通販はこちら

その他治療薬

その他治療薬としては、イライラや不安などの精神的な症状に対して、抗うつ薬や抗不安剤(精神安定剤)が使用される場合があります。

また、下腹部痛や腰痛がある場合は、プロスタグランジン合成阻害薬の非ステロイド系抗炎症薬や解熱鎮痛剤など、乳房が張って痛い場合は、ブロモクリプチンと呼ばれる抗プロラクチン作用のあるものが使用されます。

体重が増えて仕方がない、またはむくみが酷い場合は必要に応じて利尿剤が使われます。

関連記事

最新の記事

低用量ピル

アフターピル

症状について

マーベロンについて詳しく

カテゴリー