症状
7 view

早めの対処を!月経困難症の症状や原因、治療方法について

早めの対処を!月経困難症の症状や原因、治療方法について

月経困難症とは、子宮や腰の過度な痛み多量の出血があるなど、月経時に起こる病的症状のことをいいます。

日本では、800万人以上もの月経困難症患者がいると推定されています。

そのうち治療を受けている人は10%にも満たないといわれています。

今回は、月経困難症について原因や治療方法を説明します。

月経困難症の原因

月経困難症の原因

月経困難症の主な症状

下腹部痛、下痢、腰痛、お腹の張り、頭痛、吐き気、貧血、食欲不振、イライラ、疲労感

月経の周期と一緒に症状が出てきます。

「月経痛」身近な言葉にすれば、生理痛なのですが、この生理痛がとてもひどく、日常生活もままならないという人もいるのです。

月経困難症は2つの原因があるとされています。

ホルモンバランス

月経を引き起こすエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが分泌されることで、痛みの原因となる物質が増えます。

同時に、子宮内膜の中にプロスタンディンというホルモンが増えますが、このプロスタンディンが子宮を過度に収縮させるために下腹部痛や腰痛などを引き起こすのです。

子宮内膜症・子宮筋腫

子宮内膜症や子宮筋腫は、は若い人にも見られるようになり、年々増加傾向にあります。

強い痛みを引き起こし、月経期間以外の日にも痛みが続いてしまうこともあります。

ただの月経痛と勘違いしてそのままにしてしまうこともあるため、重く感じる場合は婦人科でしっかりと診断をしてもらうことが大切です。

月経困難症の治療方法

月経困難症による症状によって、治療が異なります。

予め、痛みの原因がホルモンの影響なのか、子宮や卵巣の異常によるものなのかをしっかり判断する必要があります。

子宮収縮抑制剤や偽閉経療法、黄体ホルモン療法など医師の判断でないと治療できない場合もありますが、一般的に3つ治療方法があります。

鎮痛剤

ドラッグストアで購入することが可能な市販薬、イブやロキソニン、CMでお馴染みのバファリンルナなどで、痛みを軽減することができます。

鎮痛剤は、我慢ができないほどの痛みが現れてから服用するよりも、痛みが現れる前に服用することをおすすめします。

鎮痛剤は、一時の痛みを緩和させることができますが、根本的に痛みを改善することはできません。

漢方薬

古くからの治療方法で、漢方薬治療が有名です。

中医学・漢方医学に基づいた漢方薬を、症状ごとに様々な種類があります。

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)

引用サイト:http://www.kracie.co.jp/ph/k-therapy/product/symptom/woman/menstrual-pain.html

低用量ピル

月経困難症の治療薬として、低用量ピルが認められてから10年以上が経ちますが、2016年に行われた調査によると日本の低用量ピルの普及率はわずか4%という結果が出たそうです。

低用量ピルが普及しているとは言えない状況です。

その理由として、副作用が強いという間違った認識や、避妊目的といったイメージが強いことが考えられます。

また、日本人特有の「月経の痛みは耐えるもの」という意識の人が多いことも考えられます。

しかし、これらの理由は全て間違っていると言えます。

低用量ピルの正しい知識を知って、少しでも多くの女性が低用量ピルを活用して、月経に悩まされない快適な毎日を過ごしてもらいたいものです。

ホルモンの影響によるものであれば、低用量ピルを使って大幅に軽減することが可能です。

子宮や卵巣に筋腫や内膜症などがなく、純粋な月経痛の場合、プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響で起きる痛みだと考えられます。

プロゲステロンが分泌されなければ痛みは起きません。

プロゲステロンは排卵後に卵巣から分泌されるので、排卵を止めることで分泌を抑えることができるのです。

そして、排卵を止めるのには低用量ピルが効果的です。

低用量ピルは避妊薬として有名ですが、実はこうした月経困難症などの治療薬として開発された医薬品なのです。

まとめ

重い月経痛や多量な経血月経困難症の可能性がありますが、子宮内膜症などの子宮や卵巣の異常によるものの可能性もあり、体からのサインかも知れません。

これらの異常は検査でしか発見することができません。

放っておいても改善することはなく、不妊などのリスクとなりますので早めの対処が必要です。

痛みを緩和するだけなら、市販薬の鎮痛剤で改善することができます。

漢方薬で日常的に治療する方法もあります。

また、医薬品の低用量ピルを服用して、月経困難症を根本的に治療することもできます。

個人差によって、症状や原因は様々です。

不安のある方は、婦人科へ行って医師に相談することをおすすめします。

関連記事

最新の記事

低用量ピル

アフターピル

症状について

マーベロンについて詳しく

カテゴリー