低用量ピル
18 view

マーベロン代替品!副作用の少ない安心の超低用量ピルマーシロン

マーベロン代替品!副作用の少ない安心の超低用量ピルマーシロン

マーシロンは世界中で人気が高く、使用者の多い低用量ピルマーベロンの姉妹品(同じ製薬会社MSD)です。

マーベロンに配合されているデソゲストレル0.15mgは同量ですが、エチニルエストラジオールが0.03mgに対して、マーシロンには0.02mgしか配合されていません。

成分量が少ないと副作用のリスクが減るという大きなメリットがあります。

避妊効果、生理痛や生理不順の改善などの効果にも期待できます。

今回はマーシロンについて効果や副作用、通販方法などご説明します。

マーシロンの通販はこちら
※リンク先は低用量ピルを扱う
正規個人輸入代行サイトです。

マーシロンの効果

マーシロンの主成分は、デソゲストレルとエチニルエストラジオールです。

黄体ホルモンであるデソゲストレルは、子宮内膜の活性が強く、不正出血が軽減されています。

男性ホルモン作用が弱いため、ニキビなどが発症することが極めて低いです。

卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールは、前立腺がんや乳がんの治療薬で使用される成分です。

マーシロンの効果

避妊効果、生理痛を緩和(月経困難症)、生理不順解消、卵巣がんの予防、子宮内膜症、ニキビ予防

低用量ピルマーシロンは、様々な効果があります。

マーシロンの副作用

マーシロンの副作用
成分量が限りなく少なく配合されているマーシロンではありますが、医薬品ですので個人差によっては以下のような副作用が発症する可能性もあります。

月経困難症の主な症状

頭痛、吐き気、めまい胸の張り、不正出血など

副作用の原因として、ホルモンの分泌がコントロールされることで体が妊娠した時と近い状態になることから発症するとされています。

副作用を感じたとしても、服用開始から1~2ヶ月程度で体がマーシロンに慣れるので、それに合わせて症状が消えることが多いようです。

しかし、激しい動機や嘔吐、目がかすむなどの異常を感じた場合はすぐに服用を中止し、医師に相談をしてください。

※マーシロンの成分は血栓症を発症する可能性が考えられますので、血栓症などの持病をお持ちの方やアレルギーのある方は、服用前にかかりつけ医師に相談してください。喫煙者の場合、血栓症のリスクが高まりますので、服用中はタバコを控えるなど注意してください。

マーシロンの正しい飲み方

マーシロンには21錠タイプと28錠タイプの2種類のタイプがあります。

この2つは7錠分のプラセボ(偽薬)があるかないかの違いになり、基本的な服用方法は同じです。

生理開始の初日から服用を開始し、毎日同じ時間帯に服用します。

服用開始から21日間有効成分が含まれている錠剤を飲み続けます。

その後の1週間は、休薬期間またはプラセボ(偽薬)服用期間になり、その間に生理の出血に似た消退出血という出血が起きます。

※マーシロン服用中は排卵が抑えられるため、経血ではありません。

毎日服用する21日間と休薬期間の7日間の全部で28日間がひとつのサイクルになり、次の日からまた新しいサイクルが始まります。

1サイクル、1シートです。

7日間の休薬期間の後、飲み始めのタイミングを忘れないために、28錠タイプを飲む方が多いようです。

マーシロンの通販方法

マーシロンは基本的に病院で診察を受けてから処方してもらう必要があり、ドラッグストアなどで購入することはできません。

ですが、病院に行くまでの時間、待ち時間、診察時間、受け取るまでの時間など、マーシロンを手元に置くまでにはあまりにも時間がかかります。

マーシロンは飲み続けることで効果がでるので、なくなる度に時間がかかっては継続が困難です。

そんな方におすすめしたいのが、個人輸入代行通販サイトの活用です。

薬事法で認められている個人輸入を代行してくれるサイトで、日本語のみで安心スムーズに購入することができます。

医師の処方箋も必要ありませんので、ぜひ活用しましょう。

マーシロンの通販はこちら
※リンク先は低用量ピルを扱う
正規個人輸入代行サイトです。

マーシロンのレビュー(口コミ)

最後にマーシロンのレビューをSNSで調べてみました。

参考にしてみてください。

関連記事

最新の記事

低用量ピル

アフターピル

症状について

マーベロンについて詳しく

カテゴリー