低用量ピル
19 view

副作用軽減!超低用量ピルヤーズの効果副作用と通販方法

副作用軽減!超低用量ピルヤーズの効果副作用と通販方法

ヤーズは数多くある低用量ピルの中の1つ超低用量ピルです。

近年では、成分の量の少ない「低用量ピル」が主流となっています。

中でもヤーズは副作用が軽減されている、シートが分かりやすく服用しやすい特長があります。

今回はヤーズについて詳しくご説明します。

ヤーズの通販はこちら
※リンク先は低用量ピルを扱う
正規個人輸入代行サイトです。

ヤーズの効果

ヤーズは、排卵抑制して子宮内膜が厚くなるのを抑える黄体ホルモン(ドロスピレノン3mg)と不正出血を起きにくくする卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール0.02mg)が配合されている超低用量ピルです。

薬効成分により、痛みの元となるプロスタグランジンという物質の生成を抑えます。

これらの働きにより、避妊効果の他にも生理痛を抑え、生理の経血量も抑えてくれるのです。

さらにはニキビなどの肌荒れを防ぎ、子宮内膜症の改善にも期待することができます。

排卵抑制とは?

女性の体は1ヶ月に1回排卵が起き、それと同時に子宮内膜を厚くすることで体が妊娠の準備を整えます。

しかし、妊娠しなかった場合、この子宮内膜が不要になるためだんだん剥がれ落ちて体の外に排出されるのですが、この時に痛みを伴う出血が起きます。

これが生理メカニズムです。

妊娠した場合、ホルモンのバランスが変わるのを合図に、体は排卵を停止し、子宮内膜も厚くならなくなるので生理は起こりません。

毎日ヤーズを服用することで、有効成分黄体ホルモン(ドロスピレノン)が一定量体内に入るために体が妊娠した時と同じ状態となり、生理は起こりません。

ヤーズを服用していても毎月決まった時期に出血が起こりますが、これは生理の経血とは違い「消退出血」と呼ばれる出血が起きています。

厳密にいえば生理ではないのですが、多くの医師が生理と表現しているようです。

ヤーズ飲み方と飲み忘れ

ヤーズ飲み方と飲み忘れ

1シート28錠入りを1日1錠、毎日決まった時間にお水と一緒に服用してください。

ヤーズはピンク色と白色の2つの色に分かれています。

これは有効成分の配合されている錠剤(ピンク色)と、プラセボと言われる有効成分が配合されていない偽薬を、目で見て分かるようになっているためです。

この白色を服用している間に生理が来ると覚えておくと良いでしょう。

※ごく稀に、内膜が薄いため出血がない(生理が来ない)場合があります。
妊娠した訳ではありませんが、不安な方はクリニックで診察をおすすめします。

さて、万が一飲み忘れてしまった場合、飲み忘れた錠剤がピンク色なのか白色なのかで対処法が違ってくるので注意が必要です。

ピンク色の錠剤

飲み忘れてしまった場合、飲み忘れに気づいた時点ですぐに服用し、その日の分の錠剤を予定通りに服用してください。

飲み忘れたタイミングよって、服用方法が異なります。

詳しくは正規メーカーバイエル社の飲み方ハンドブックをご覧ください。

バイエル薬品株式会社

白色の錠剤(プラセボ薬)

飲み忘れてしまった場合は、元々有効成分の配合されていないお薬なので飲み忘れの分は服用しなくても問題ありません。

次の服用時間に予定通りの錠剤を服用してください。

妊娠を望むとき

ヤーズを何年も服用していて、妊娠したいと思った時に妊娠できるのか?

と不安になる人もいるのではないでしょうか。

でも大丈夫です。

これについてもしっかりと調査が行われていました。

ヤーズなどの低用量ピルの服用を中止してから

  • 50%の方が1ヶ月以内に生理が再開
  • 95%の方が2ヶ月以内に生理が再開

と報告されています。

どんなに長く服用した方でも遅くとも3~4ヶ月で再開しているようです。

また、服用中止後すぐに妊娠したとしても胎児への影響の心配もありません

超低用量ピルは女性の体に元々あるホルモンをほんの少しだけ取り込むだけのお薬なので、体への負担も少ないのです。

ヤーズの副作用

低用量ピルは副作用の多いお薬だと思っている人は少なくありません。

実際に、低用量ピルが開発されるまで「ピル」と呼ばれていたお薬は「中用量ピル」を指し、配合されたホルモンの量が多かったためにいわゆる副作用が強くあった歴史があります。

しかし、現在主流になっているヤーズやマーベロンなどの低用量ピルは配合される成分量が少なくなったので副作用もぐっと少なくなりました

さらに効果も安定しています

実際に報告されている副作用にはめまい、頭痛、胸の張り、吐き気などの妊娠した時と同じような症状があります。

これは妊娠した時と同じような症状だと言われています。

実際に服用しているほとんどの方が感じなかったと答えており、副作用を感じたという方はとても少ないようです。

もし、副作用が出てしまったとしても体がお薬に慣れれば自然と消えていくものなので1~2ヶ月様子を見てみると良いようです。

もちろん、耐えられない程の症状が出てしまった場合は医師または薬剤師に相談をしてみるとよいでしょう。

ピルを飲むと太るというのも昔から言われていることですが、これも実は間違った情報です。

生理前に食欲が増すのと同じように、ホルモンの影響で食欲に変化が出ることもあるので注意が必要かも知れませんが、自分でコントロールできればヤーズによって太るということもないので安心してください。

血栓症のリスク

安全なお薬ヤーズですが、注意しなければならないこともあります。

それは「血栓症」です。

血栓症とは血管に血の塊がつまってしまう病気で、エコノミークラス症候群などとも呼ばれており、すべての方が起こりうる症状で、健康な方であっても「2万人に1人が発症」すると言われています。

しかし、低用量ピルを服用している場合この確率を2~3倍に増えると言われています。

これはヤーズに限らず全ての低用量ピルを服用している方に言えることです。

しかし、タバコを一日に1箱する人は血栓症のリスクがさらに5倍に増えるということも確認されていますので、タバコを吸う人が低用量ピルを服用する場合は注意が必要です。

激しい頭痛、舌のもつれ、息苦しさ、ふくらはぎの突然の痛みなどが血栓症のサインとなります。

いざという時のためにこのサインを見逃さないよう知っておくことが大切です。

※血栓症のリスクを軽減する為にも禁煙をおすすめします。

癌のリスク

低用量ピルを服用することで癌になりやすくなるという情報があるようです。

ですが、これは大きな間違いです

癌になりやすくなるどころか、卵巣癌や子宮癌などの女性特有の癌の発生率が下がることが分かっています。

乳癌の発生率がわずかに上がる可能性があるとも言われていますが、服用を中止するとその確率も下がるということも分かっています。

不安な方はもちろんですが、癌検診を受けることが一番ですので、定期的に検診しましょう。

ヤーズの通販方法

ヤーズは一般的に、病院で診察を受けて医師から処方せんとして購入することができます。

しかし、避妊目的が保険適用外で高いと思っている方や、病院に行く時間がない方などは通販でも購入することが可能です。

大手通販サイトやドラッグストアでは薬事法の関係で販売が禁止されています。

そこで便利なのが、海外医薬品を扱う個人輸入代行の通販サイトです。

個人輸入代行サイトとは?ユーザーの代わりに海外医薬品メーカーから直接購入の手続きをしてくれるサービスです。

注文方法も通常の通販サイトと同じように簡単に登録することができます。

※近年のネット普及により、偽物を販売するの個人輸入代行サイトも多くありますので、ご注意ください。
ヤーズの通販はこちら
※リンク先は低用量ピルを扱う
正規個人輸入代行サイトです。

ヤーズのレビュー(口コミ)

最後にヤーズのレビューをSNSで調べてみました。

参考にしてみてください。

関連記事

最新の記事

低用量ピル

アフターピル

症状について

マーベロンについて詳しく

カテゴリー