低用量ピル
10 view

マーベロンの効果について「今さら聞けない!?」低用量ピルの様々な副効果

マーベロンの効果について「今さら聞けない!?」低用量ピルの様々な副効果

低用量ピルと聞くと、「避妊」のイメージが強くある人が多いのではないでしょうか。

もちろん避妊の効果はとても高く、多くの女性が避妊目的で服用しています。

しかし、低用量ピルマーベロンには避妊以外の効果もたくさんあるのです。

重い生理痛や生理前症候群(PMS)を緩和したり、なかなか治らないニキビを治して肌をきれいにしたりと女性にとって様々な嬉しい効果を持った強い味方なのです。

今回は、マーベロンの効果について詳しく説明します。

低用量ピルマーベロンの効果について

低用量ピルマーベロンの効果について

マーベロンは、一般的に避妊目的で使用することが多いですが、生理痛や生理日の調整などで使用する人もいます。

また、生理前症候群(PMS)の治療薬としてもクリニックで処方されることがある医薬品です。

避妊効果

低用量ピルといえば誰もが想像するのは、避妊効果ではないでしょうか。

避妊に関して、マーベロンは非常に高い避妊効果があります。

一番馴染みのある避妊法であるコンドームを使用した性行為の妊娠の可能性が2%~18%なのに対して、マーベロン服用中の妊娠の可能性は0.1%と避妊確率が高いことが分かります。

避妊の仕組みはとても簡単です。

女性の体は妊娠すると毎月の排卵をやめます。

その働きは脳の指令によって起こるものなのですが、マーベロンを服用すると、お薬に含まれたホルモン(デソゲストレル0.15mg+エチニルエストラジオール0.03mg)によって脳が妊娠したと判断します。

それにより妊娠時と同様に排卵を停止します。

排卵が起こらなければ妊娠することはないので避妊効果を実現することができるのです。

生理日コントロール

こんな事はありませんか?

  • 大事な仕事の日に急に生理が…
  • いつ生理が来るか分からなくてヒヤヒヤする
  • 旅行の日に生理がかぶってしまいそう…

これらは生理あるあるの悩みです。

外出先で生理が来てしまった時に急いでナプキンを用意したり、生理を考えながら予定を組んだりするのは大変ですが、マーベロンを服用すればこれらの悩みを一気に解決することができます。

マーベロンは21錠タイプ・28錠タイプ共にホルモンが配合されている最後の21錠目を服用した後、ホルモンを取り込まない22~28日目の間に必ず生理が来るからです。

さらに生理期間も3~4日ほどで終わります。

生理がいつ来るのか分かっているとスケジュールが立てやすくなり、多くのストレスから解放されます。

マーベロンを使用することで生理日を移動させることも可能です。

生理日を1週間ほど遅らせること、早めることが可能です。

生理痛・経血軽減

生理がいつくるか分かっていたとしても経血量が多くて大変という人もいます。

外出もままならないほどの経血量に悩む「過多生理」の女性も少なくありません。

  • 夜用ナプキンを深夜何回も交換
  • 夜はナプキン交換のためにタイマーをかけてる

個人差によって、それほど経血量が多いこともあるのです。

また、同じように強い生理痛に悩まされている人もいます。

イブなどの痛み止めが手放せずひどい時には寝込んでしまうこともあり、日常生活に支障をきたしてしまいます。

生理痛・経血軽減にもマーベロンがおすすめです。

生理が起きる仕組みとして、女性の体は妊娠に備えるために排卵のタイミングに合わせて子宮の内膜が厚くなります。

これは受精卵が子宮内にとどまりやすいように起こる現象ですが、その内膜は妊娠が成立しない場合不要になるため時期がくると次々に剥がれていきます。

その時にいわゆる生理痛と呼ばれる腹痛が起こり、内膜が経血として排出されます。

この内膜が分厚くなりすぎてしまうと痛みも経血の量も増えてしまうのです。

マーベロンを服用すると体が妊娠に近い状態になるため排卵が抑制され、内膜を必要以上に分厚くなるのを防ぎます。

それによって経血量が少なくなり腹痛も抑えることができるのです。

豆知識

マーベロンを服用している間の経血は排卵を伴わない経血なので、正確には生理の経血ではなく「消退出血」という出血なのですが、ひっくるめて生理と呼ぶことが多いです。

生理前症候群対策

生理前症候群(以下PMSと記載)とはご存知でしょうか?

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん、英: PMS; Premenstrual Syndrome)は、数か月にわたって月経の周期に伴って、黄体期である月経の3日から10日位前からおこり、月経開始とともに消失する、一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)。 月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)とも呼ばれる。月経前症候群を経験した女性はより重篤な更年期障害になりうる可能性が有るとの報告がある。
引用:Wikipedia月経前症候群

生理が始まる3~10日前から始まる精神的・身体的症状などの様々な不快な症状を引き起こすのがPMSです。

精神的な症状
なんだかイライラして些細なことに怒ってしまったり、なんでもないようなことが気になってしまったり。また、なんだか鬱々として気分が落ち込んでしまうような抑うつ症状もあります。
身体的な症状
いくら寝ても眠くてたまらなかったり、頭痛が続いたりニキビや吹き出物が次々に出てしまったりと多岐にわたります。これらの症状は生理がくると不思議なくらいぴたりとおさまりますが、PMSの期間はいつものように過ごせないので悩んでいる方は多くいます。短い人で3日程度、長い人で10日前後続くので、実に1ヶ月の内の1/3の間これらの症状に悩まされるということになるのです。

こうした症状は排卵後に増加するプロゲステロンが原因で起こります。

このホルモンが多く出されることでホルモンのバランスが崩れて起こります。

マーベロンを服用することでホルモンのバランスを保つことができるのでPMSの様々な症状を緩和することができます。

「PMSの時期の商談がうまくいったことがない」

という人がピルを飲み始めたことで症状が改善され、仕事に支障をきたすことがなくなったという話もあるほどです。

PMSは生活の質(QOL)を落とすとも言われている症状であり、我慢することはありません。

ご自身の生活のために服用を考えてみるのも大きな助けとなるでしょう。

子宮内膜症治療

目に見える症状以外にも、実は子宮内膜症の治療にもマーベロンを含む低用量ピルが処方されています。

経血の量が減る理由として挙げたように、マーベロンには子宮内膜の増殖を抑える作用があるので、これが子宮内膜症の治療に有効であるとされています。

2008年にマーベロンを含む一部の低用量ピルが子宮内膜症の治療薬として保険適応となりました。

子宮内膜症への効果が認められたのと同時に副作用も含めて安全性が高い薬とされているからこそ保険対応となったのです。

※避妊目的の場合、多くは保険適用外ですのでご注意ください!

ニキビ軽減効果

ニキビや吹き出物は女性にとって天敵です。

生理前になるとニキビがでる方も生理の影響によるホルモンバランスが原因です。

生理前ニキビは、顎など目立つ場所にできるので悩みの種になりますよね。

マーベロンを服用することでホルモンバランスが正常になるので、ニキビも改善することができます。

ヨーロッパやアメリカなどの多くの国でニキビの治療薬としても使用されています。

元々、思春期のニキビなどにも処方されていましたが生理前ニキビには特に効果的で重宝されているそうです。

まとめ

今回はマーベロンの効果についてご説明しました。

いかかでしたでしょうか?

避妊効果以外でも、様々な効果がある低用量ピルマーベロンです。

  • 子宮内膜症治療
  • 生理日の調整
  • 生理痛・経血軽減
  • 生理前症候群対策
  • ニキビ軽減効果

など、女性特有の悩みを改善してくれる治療薬です。

個人差によっては副作用はあります。

正しい飲み方や飲み忘れのないように注意して服用しましょう。

関連記事

最新の記事

低用量ピル

アフターピル

症状について

マーベロンについて詳しく

カテゴリー

マーベロン

マーベロン
1箱あたり1,100円~

公式サイトで
購入はこちら